面接の際にはどのような服装を心がければ良いか

正社員でも契約社員でも、必ず就職活動を行うと経験するのが面接になります。

面接は書類選考から始まっている

面接の際にはどのような服装を心がければ良いか 正社員でも契約社員でも、必ず就職活動を行うと経験するのが面接になります。その面接対策をしっかりと勉強して、面接に挑むという人も多くいます。ですが、実は面接は面接官と面と向かって話をする以外にもすでに始まっています。それは書類選考空になります。大企業の場合は応募してくる人数も多いため、まずは履歴書と職務経歴書を送付してもらい、書類選考を行うのが殆どです。その書類選考を通過して初めて面接になります。ではなぜ書類選考ですでに面接がはじまっているかという点ですが、面接官は書類からその人をある程度予測することができるからです。

履歴書などはもちろん中身は重要です。学歴や職歴に得意分野や志望動機などが記載されています。そういった情報で分かるのはその人の経歴が分かるだけです。もっとその人の特徴をしるのが書いてある文字になります。丁寧に記載されているか、枠内に文字が収まっているかなども実はしっかりチェックされています。字がうまい下手は問題ではありません。字が例え上手じゃない人でも、文字から一生懸命書いているというのは伝わります。記入ミスを修正ペンで消しているか、黒く塗りつぶしているかだけでもその人の人となりが分かってしまいます。その為、書類選考で送付する履歴書からしっかりと丁寧に記載するのが大切になります。

関連キーワード



Copyright(c) 2019 面接の際にはどのような服装を心がければ良いか All Rights Reserved.