面接の際にはどのような服装を心がければ良いか

面接の時間の10分前には、駐車場に着いていなければいけません。

面接は、会社の外から始まっている

面接の際にはどのような服装を心がければ良いか 面接の時間の10分前には、駐車場に着いていなければいけません。駐車場の場所は、会社の中から充分見えますので、会社の門をくぐった時から見られていると考えて良いでしょう。何処で人は見ているか分からないので、気をつけましょう。着衣を駐車場で直したりするのもやめましょう。門に入るまでの間に直して身なりを直して門をくぐりましょう。そして受付の方に、何時から面接させて頂く事になっています〇〇と申します。と伝えて下さい。この時も笑顔で良い印象をもたす様にしていた方が良いです。

面接をする会議室に入る時も、失礼致します。〇〇と申します。本日は、お願い致します。で、椅子にこしかける前も、どうぞと言われてから、失礼しますと言ってから座ってください。全ての行動などを面接官は、見ています。だからと言って、意識し過ぎると緊張してしまうので、ジャガイモだと想って面接をした方が、緊張しなくて良いです。なので、目が悪い人は、メガネをかけないで面接に挑むと、ハッキリ顔が見えないので緊張しないで、リラックスした状態で挑めます。全く見えないのなら、度の弱いメガネをかけていく事もオススメします。面接をする時は、清潔を心がけて行く事をオススメします。


Copyright(c) 2019 面接の際にはどのような服装を心がければ良いか All Rights Reserved.