面接の際にはどのような服装を心がければ良いか

面接の際のマナーは、基本的には社会における人間関係で守るべきマナーと、そう変わりはありません。

面接の際にやってはいけないマナー違反とは

面接の際にはどのような服装を心がければ良いか 面接の際のマナーは、基本的には社会における人間関係で守るべきマナーと、そう変わりはありません。ただ、付き合いが深くとても仲の良い人に対して実行しているマナーと、それほど深い付き合いがあるわけではない人や目上の人に対して実行しているマナーは違うと言う人は多いかもしれません。それはごく自然なことです。面接の際には、どちらかと言えばそれほど深い付き合いがあるわけではない人、目上の人に対して実行しているような、少し緊張感を持ったマナー意識を発揮することが求められます。

では、具体的にはどのようなマナー違反が挙げられるかと言うと、まずは遅刻です。面接を行う企業にとってみれば、忙しい合間を縫って、わざわざそれのために時間を確保しているわけです。ビジネスの場において時間厳守は最低限かつ守るべきマナーですから、これを破ってしまうと、場合によっては面接そのものも中止と言う事態になることも考えられます。遅刻しそうだと言う場合は、事情はどうであれ、まずはそれを先方に伝えることが必要です。その上で、もし相手企業側の許可を得られれば、別日に新たに面接を設けてもらうようお願いするのも方法の内です。いずれにしても、遅刻だけはしないよう、余裕を持って出発することが求められます。

それから挨拶です。これも人間関係においては欠かすことができないマナーです。また企業の面接においては、いつ、どこで、面接担当者が何を見ているかはわかりません。たまたますれ違った人が担当者かもしれませんし、実は会社内に足を踏み入れた瞬間からチェックされているかもしれません。ですから必ず、会社内で顔を合わせた人には挨拶をする必要があります。面接室に入る際にも、入りますよと言う挨拶を伝えるためにドアをノックするのを忘れてはいけませんし、その後に失礼します、と一声かけるのも必要です。

関連キーワード



Copyright(c) 2019 面接の際にはどのような服装を心がければ良いか All Rights Reserved.