面接の際にはどのような服装を心がければ良いか

面接は企業に就職できるかどうか、自分自身をアピールする場でもあり面接官にチェックされる場でもあります。

面接で気をつけるべき時間について

面接の際にはどのような服装を心がければ良いか 面接は企業に就職できるかどうか、自分自身をアピールする場でもあり面接官にチェックされる場でもあります。ですが、面接は会議室などの面接がスタートする入室から始まるわけではありせん。面接は会社に到着する時間からもチェックされています。面接時間ですが、基本的なマナーとして遅刻は厳禁です。社会人になって仕事をする中で時間を守ることは基本中の基本のため、その時間すら守れないのは論外といえます。基本的に面接の10分ら15分前には到着しているのがよいとされる時間になります。ですが、遅刻する理由として何らかのトラブルの場合があります。

その際は、速やかに企業に連絡をしてトラブルの原因と遅刻してしまう旨をしっかり伝えることが大切です。もちろん遅刻はダメですが、交通トラブルや自転車事故などがおこるのは仕方がないことです。その点は企業も配慮してくれるので、無断で遅刻するのではなくしっかり連絡するようにしましょう。他に、早く面接時間いついてしまったからと言って早く企業に行くのもマナー違反です。企業側は面接時間に合わせて、仕事を調整して準備しています。予約した時間よりも1時間早くついた場合、面接官の仕事を早めて再調整させてしまうことにもつながります。早いからよいというわけではないので注意が必要です。

関連キーワード



Copyright(c) 2019 面接の際にはどのような服装を心がければ良いか All Rights Reserved.